お悩みの方へ

お悩みの方へ

体のだるさ

体のだるさの原因には、努力すれば自分で解消することができるものもあります。

就寝中に寝返りをすることで、体の強張りや緊張がほぐれますが、ストレスの多い現代では、寝返りが打てない人も多いと言われています。

また、秋から冬の冷える時期にかけては、就寝中に体が冷え、関節や筋肉も硬くなりやすくなります。

だからこそ、ストレッチでじっくり体を伸ばし、全身の血行の巡りを良くしていくことが大事です。

だるい

むくみ

むくみ

運動不足や、睡眠不足、偏った食生活も、むくみの大きな原因です。

言い換えると、むくみの予防、解消には、生活習慣、食生活を改善して、適度な運動を心がければよい、ということが言えます。

筋肉痛

筋肉痛の痛みの原因は、筋肉が破壊され、腫れている状態のときです。

この腫れの緩和さえ出来れば、筋肉痛の痛みを和らげられる事になります。

その方法として有効であるものこそが、ストレッチです。

筋肉が腫れ、緊張した状態である箇所を、ゆっくり、じんわりと伸ばしたり、ひねったりしてほぐしていきます。

筋肉痛

体のイライラ

イライラ

内容は人によって違います。

「むずむずする」のほか、痛みやほてりを訴える人もいます。

脚だけでなく腕にも不快感が生じることもあります。

ツボを刺激し、ストレッチを行う事で全身の筋肉がゆるみ、体が柔和になります。

腰痛

腰痛には、ぎっくり腰のように突然おこる急性腰痛症から、繰り返し起きるしつこい慢性腰痛症まであります。

中には、腰のせいではなく、内臓の疾患のせいで腰に痛みが出るケースもあり、その原因、程度、頻度も様々です。

腰回りの筋力が衰えて硬くなり、血液の循環が悪くなってしまいます。

そこで、ストレッチを行うと、筋肉がほぐれ、血流が良くなり、代謝のアップにつながります。

腰痛

肩こり

肩こり

「肩こり」とは主に、後頭部から肩(肩甲骨や鎖骨)にいたる部分にある筋肉が異常に緊張することによって起こる違和感や痛みなどの症状と言えます。

姿勢や生活習慣の改善、ストレッチを行う事が大事です。

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。

私たちの肩関節はとても広い範囲を動かせるようになっていますが、それだけ構造は複雑です。肩関節は肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱(筋肉が骨に付着する部分)、関節をスムーズに動かすための「滑液包」などがあります。

そのため、炎症が起こりやすい部分といえます。中高年に多く起こりますが、原因は明らかにされていません。

五十肩
  • facebook
  • twitter
  • mixi